笛パラ!!のSense of Wonder

ライブのお客様からいただいたこんなメッセージ。
<お二人が「おもろいなー」と思ったり、体験したり、
そんなSense of Wonderな気持ちが曲になっていて感動。そういう視点が好き。>

日々出会うちょっとしたモノ・・・時々出会う面白いコト・・・
それが笛パラ!!をつくる素になる!

Sense of Wonder は
「不思議さや神秘に驚く感受性」
「面白がる能力」のこと。
「沈黙の春」で知られるアメリカの女性科学者レイチェル・カーソンが
彼女の幼い甥っことの生活を綴った著作
「センス・オブ・ワンダー」に由来する言葉。
<< <ドクダミのつぼみ> | main | 折々のコトバ〜その4/お笑い手品師・マギー審司が師匠のマギー司郎を語ったコトバ >>
折々のコトバ〜その3/落語家・桂文珍
0

    <笑う好みが同じ人と 夫婦なりビジネス仲間になるといい・・・泣くのは皆だいたい同じ場所で泣きます>

    落語家・桂文珍

     

    のだヤン:

    誰かと映画とか見て一緒に泣いたからってホントの意味での友達になれヘンよね。

    それより大事なのは笑いのセンスやね!笑いのセンスが近い人と飲むと楽しいよね!!

     

    ゆりヤン:

    人が「泣くとき」って、みんなが持っている悲しさ、やりきれなさ、哀れみまたは苦難を乗り越えたときの達成感とか、万人に共通の「心を大きく揺さぶるもの」に出会ったときだと思うけど、「笑うとき」の原動になるのは、どってことないほんのちょっとの「間」や「可愛いさ」「可笑しみ」を感じるツボ。そのツボの感覚にはそれぞれその人のバックボーンによってさまざまな違いがあるんだと思います。

    一緒に笑えるってことは、そのツボを共有できる貴重なメイトってことなんだ。

     

    のだヤン:

    たまに逢って「敬語でお話しする」程度のおつきあいなら笑いのセンスが違っても困らないけど、

    毎日の日常を一緒に過ごす相手とは、そんな「どってことない」ことに感じる笑いのツボが似てないとシンドイやろね!

     

     

    <〜折々のコトバ〜 について>

    うん、その通り!!と膝を叩いたコトバ、

    悩んでいる時に救われたコトバ、

    自分とは全く違う発想・モノの考え方に

    眼を開かせてもらったコトバ・・・。

    野田がここ20年以上集めてきた、

    新聞や雑誌や本などで心に響いたコトバの数々を、

    私たちDUOからのちょっとしたコメントとともに

    折々紹介していきたいと思います。

     

     

    | 折々のコトバ | 18:35 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE