笛パラ!!のSense of Wonder

ライブのお客様からいただいたこんなメッセージ。
<お二人が「おもろいなー」と思ったり、体験したり、
そんなSense of Wonderな気持ちが曲になっていて感動。そういう視点が好き。>

日々出会うちょっとしたモノ・・・時々出会う面白いコト・・・
それが笛パラ!!をつくる素になる!

Sense of Wonder は
「不思議さや神秘に驚く感受性」
「面白がる能力」のこと。
「沈黙の春」で知られるアメリカの女性科学者レイチェル・カーソンが
彼女の幼い甥っことの生活を綴った著作
「センス・オブ・ワンダー」に由来する言葉。
<< 折々のコトバ〜その3/落語家・桂文珍 | main | 『ルリボシカミキリの青  福岡ハカセができるまで』/福岡伸一 >>
折々のコトバ〜その4/お笑い手品師・マギー審司が師匠のマギー司郎を語ったコトバ
0

    <マジックは素晴らしいのにお客さんに覚えてもらえないマジシャンは大勢いる。

    ところが師匠(マギー司郎)は逆なんですね。

    お客さんはどんなマジックを見たかは忘れてもマギー司郎を見たことは忘れない。

    それはお客さんに技術でなくて、人間としての魅力で向き合っているからだと思うんです>

    お笑い手品師・マギー審司

     

    のだヤン:

    これ素晴らしいコトバですね!!司郎さんもすごいし、その極意をこうやってキャッチでした審司さんもすごい!

     

    ゆりヤン:

    うん、そうだ!私もマギー司郎さんは脳裏に焼き付いてます。マジックの中身じゃなくてマギーさんのあのキャラクターの面白さをありありと思い出します。マジックは、マギーさんの人間の魅力を引き立てるための道具だったんだ。まずは<人間の魅力>ありきだったんだなって。

     

     

    <〜折々のコトバ〜 について>

    うん、その通り!!と膝を叩いたコトバ、

    悩んでいる時に救われたコトバ、

    自分とは全く違う発想・モノの考え方に

    眼を開かせてもらったコトバ・・・。

    野田がここ20年以上集めてきた、

    新聞や雑誌や本などで心に響いたコトバの数々を、

    私たちDUOからのちょっとしたコメントとともに

    折々紹介していきたいと思います。

     

    | 折々のコトバ | 15:11 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする