笛パラ!!のSense of Wonder

ライブのお客様からいただいたこんなメッセージ。
<お二人が「おもろいなー」と思ったり、体験したり、
そんなSense of Wonderな気持ちが曲になっていて感動。そういう視点が好き。>

日々出会うちょっとしたモノ・・・時々出会う面白いコト・・・
それが笛パラ!!をつくる素になる!

Sense of Wonder は
「不思議さや神秘に驚く感受性」
「面白がる能力」のこと。
「沈黙の春」で知られるアメリカの女性科学者レイチェル・カーソンが
彼女の幼い甥っことの生活を綴った著作
「センス・オブ・ワンダー」に由来する言葉。
<< 『ルリボシカミキリの青  福岡ハカセができるまで』/福岡伸一 | main | 折々のコトバ その5/イチロー・元プロ野球選手 >>
<ねこふんじゃった>
0

     

    子供のころ、いたずら半分に弾いたことのある人も多い、大半をピアノの黒鍵だけで弾けるあの曲。

    日本では「ねこふんじゃった」という曲名だが、世界中で広く弾かれているという!へえ〜知らんかった〜。

    19世紀ロシアの音楽家が英国の童謡をもとに作ったらしい、とか、

    日本には明治後半に伝わったようだ、とか諸説あるが確証は乏しく「作曲者不詳」とされている。

    ・・・でね、おもしろいのが世界各国での曲名。

    「ねこの踊り」(韓国)、「子ねこの舞」(台湾)、「黒ねこのダンス」(ルーマニア)、

    ほかは「犬のワルツ」(ロシア)、「豚のワルツ」(スウェーデン)、

    「ノミのワルツ」(ドイツ)、「お猿さん」(メキシコ)、

    「アヒルの子たち」(キューバ)、「ノミのマーチ」(ルクセンブルク)、

    「カツレツワルツ」(スイス)、「チョコレート」(スペイン)、「公爵夫人」(デンマーク)・・・。

    どこでも「ねこ」、ではないネンなあ!マーチはわかるが、ワルツが結構多いのにもびっくり。

    でもあの曲をワルツで弾くとまた別の曲に聴こえて愉快。

     

    | その他 | 16:40 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE