笛パラ!!のSense of Wonder

ライブのお客様からいただいたこんなメッセージ。
<お二人が「おもろいなー」と思ったり、体験したり、
そんなSense of Wonderな気持ちが曲になっていて感動。そういう視点が好き。>

日々出会うちょっとしたモノ・・・時々出会う面白いコト・・・
それが笛パラ!!をつくる素になる!

Sense of Wonder は
「不思議さや神秘に驚く感受性」
「面白がる能力」のこと。
「沈黙の春」で知られるアメリカの女性科学者レイチェル・カーソンが
彼女の幼い甥っことの生活を綴った著作
「センス・オブ・ワンダー」に由来する言葉。
<< 折々のコトバその6/歌手・小林幸子 | main |
『一色一生』/志村ふくみ
0

     

    おりおりに読み返して、自分のこころのありようを写してみる「鏡」のような役目をしてくれる大事な本のひとつです。

    さまざまな植物の花、実、葉、幹、根などを煮出して糸を染めるしごとを続ける染織家・志村ふくみさん(1924年生まれ)の

    「一色一生」(1982年初版刊行)。あふれるごとく紡がれる示唆に富んだことばの数々に心が震える思いがします。

     

    こんなお話がでてきます。。。。

     

    「まだ粉雪の舞う早春の小倉山で桜を切っている老人に出会い、枝をいただいて帰りました。

    早速煮出して染めてみますと、ほんのりした樺桜のような桜色が染まりました」

    「友人が桜の花弁を集めて染めてみたら、それは灰色がかったうす緑だったそうです」

    「幹で染めた色が桜色で、花弁で染めた色がうす緑ということは、自然の周期をあらかじめ伝える暗示」

    「植物の命の尖端は、もうこの世以外のものにふれつつあり、それ故にうつくしく厳粛でさえあります」

    こう書いたあと志村ふくみさんはノヴァーリスの詩の一節を引きます。

     

    すべてのみえるものは、

    みえないものにさわっている

    きこえるものは、

    きこえないものにさわっている

    感じられるものは、

    感じられないものにさわっている

    おそらく、考えられるものは、

    考えられないものにさわっているだろう

     

    ・・・・桜色の花を咲かせるために、

    樹は花の咲く季節に先駆けてその幹や枝に桜色を用意しているという命の神秘、読み返すたびにしびれます!

    | こんな本を読んだ | 18:57 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE